スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nゲージ TOMIX227系のテールライトを明るくするver2


以前にも似たようなタイトルの記事を書いたことがあります。

Nゲージ TOMIX227系のテールライトを明るくする

その時よりもさらに明るく点灯させる方法が見つかったので報告します。


なおこの方法は、間もなくTOMIXから発売される323系大阪環状線にもそのまま流用できると思われます。

テールライトの明るさに不満がある方は実践してみてはいかがでしょう。

01_20170119014610111.jpg

02_20170119014612841.jpg

さて、画像は安定の使い回し芸です。

「お前光ってんの?」レベルの暗さです。

今回はこれを改善していきます。



★材料★

1608サイズ 赤色チップLED×2
1608サイズ チップ抵抗(作例では470Ωの物を使用しましたが、300Ω程度までなら下げても大丈夫なハズです)
φ0.26 ポリウレタン銅線(太過ぎるとライトユニットに収まりません



では、加工の方に移りましょう。


03_201701190146125cc.jpg

まずは貫通扉を丁寧に切り抜き、断面を整えます。


…冗談です(^^

また妙なことをして遊んでいるので、完成したら報告しますね(いつになるのやら…


04_201701190146140a6.jpg

真面目に書きましょう。

まずはライトユニット部分を分解します。

05_20170119014615bd8.jpg

同時にチップLEDにポリウレタン銅線をハンダ付けしておきます。

06_201701190216009c0.jpg

ここの加工は前作と同じです。

テールライトのプリズムを、先端だけを残してカットします。

カットしたプリズムの先端を画像のようにライトユニットに接着します。

クリアーレッドでの着色はしてもしなくても大丈夫です。

08_20170119021602a4a.jpg

07_2017011902160211a.jpg


ライトユニットの運転台がある側の突起にチップ抵抗をハンダ付けして、そこにLEDからの銅線をハンダ付けします。

抵抗はどちらの突起に付けても構いませんが、テールライトの場合はLEDのアノード側が運転台側となるのでそこだけ注意してください。

チップLEDは先ほど接着した赤色のプリズム部分に瞬間接着剤で固定します。

どちらも画像を参考にしてください。

LEDが真下を向いていますが大丈夫です、プリズムがきちんと光を拾ってくれます。

09_2017011902160429e.jpg

瞬間接着剤が完全に乾燥しきったら、元の状態に組み直します。

10_20170119021605680.jpg

最後に1点、ライトのガラスパーツの縁を黒で塗って遮光しておきます。

11_20170119022609d79.jpg

これでOKです。

さて、通電させてみましょう。

12_20170119022611777.jpg

13_201701190226120c7.jpg

ご覧の通り、とても明るくなりました。

実車よりも明るいんちゃうか?ってくらい光ってます。

14_20170119022613e75.jpg

余談ですが、ライトのガラスパーツの遮光をしないとこうなります。

テール部分だけでなく、ライト全体が光ります。

15_20170119022615397.jpg

16_201701190229264c7.jpg

最後に、製品のままの状態と比較。

非常に明るく光ってくれます。



では、今日はこれで。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

わんこ

Author:わんこ
広島生まれ広島育ち
今は大阪で一人暮らし中

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。