1/144 Il-62M ZVEZDAとICMを比較してみる


最近、記事の航空成分が増えてきた気がします。

今日もAviationネタです。

01_201701240457305cc.jpg

さて、暫く温めておいたネタです。

一度やってみたかった、1/144 Il-62Mの比較です。

2015年2月にICMとZVEZDAからほぼ同時にIl-62Mが発売されました。

ICMはウクライナ、ZVEZDAはロシアのプラモデルメーカーです。

両社とも同じタイミングで新規で金型を起こして製品化したのでバチバチです(笑)


さて、2社の比較と言っていますが、当方ZVEZDA信者でございます。

公平な内容か?と言われると"うーん…"といった感じなので参考程度にお考えください♪


あと、写真にたくさんゴミが写っていますが気にしないでください。



では、比較していきましょう。

(上画像)まず外箱ですが、見ての通りZVEZDAに比べてICMのものは外箱が大きいです。

ただ、縮尺1/144のモデルと考えると妥当な感じです(むしろZVEZDAがクソ小さい

両者ともに丈夫な段ボールに入れてあります。

価格はどちらもメーカー希望小売価格\4,000です。



さて、ZVEZDAの物に関してですが、つい最近再生産がかかったようです。

一番最初の生産が2014年ロッドで、再生産の方が2016年ロッドとなっています。

画像の上側が2014年ロッドで下側が2016年ロッドです。

デザインが変えてあります。

生産年については外箱に印刷若しくはシールが貼り付けられています。

02_201701240457322c2.jpg

裏側も異なります。

2014年ロッドでは作れる仕様を紹介しているのに対し、2016年ロッドではアエロフロート・ソ連航空仕様の完成見本が描かれています。



では、中身の比較へ。

03_2017012404573225d.jpg

▲ICM

04_20170124045734b50.jpg

▲ZVEZDA


パッと見で分かるのがパーツ数の違いです。

ICMが49個に対し、ZVEZDAは139個(使わない物も含む)あります。

05_20170124045735103.jpg

▲ICM

06_2017012405175103c.jpg

07_201701240517524f7.jpg

08_201701240517533ea.jpg

09_2017012405175410a.jpg

▲ZVEZDA


パーツの表面ですが、ICMは割とツルツルしていますが、ZVEZDAの方は少し梨地になっています。

過去に発売されたIl-86よりはマシにはなっていますが、ちょっとザラザラ…

光沢のある塗装には向きませんね。

ソ連らしく退色した、ツヤの無くなった塗装の方が実物っぽくて良いということでしょうか(暴言


ZVEZDAのパーツ数を増やしている原因の1つに可動フラップが挙げられます。

主翼にフラップ取り付け用の切り欠きがあります。




続いてクリアパーツの比較

10_201701240517562af.jpg

▲ICM

11_20170124052325344.jpg

▲ZVEZDA

こちらもZVEZDAの方がパーツ数が多いです。

ICMは前面・側面用はめ込み窓だけなのに対して、ZVEZDAはドア窓やギアのライトレンズまで付属しています。

ICMはスタンドがクリア成型となっています。


はめ込み窓の精度ですが、ZVEZDAは良いです。ICMは作ってないので分かりません。


少し拡大して前面窓を

12_20170124052326c60.jpg

▲ICM

13_20170124052327073.jpg

▲ZVEZDA


航空機のイメージを左右する大事な部分です。

ICMは窓部分のみ、ZVEZDAは窓を含む胴体の一部までが一緒に成型されています。

塗り分けのことを考えるとICMの方が良さそうですが、実際はどうなんでしょうかね。

組んだことがないので分かりません。




デカールの比較

14_201701240523288ca.jpg

▲ICM

15_20170124052330fde.jpg

▲ZVEZDA(※2014年ロッド)

16_2017012405310411b.jpg

▲ZVEZDA(※2016年ロッド)


印刷の品質ですが、どちらも日本のプラモデル(ハセガワの1/200飛行機のものをイメージ)には及ばないものの、普通に使えるレベルで綺麗です。

一部擦れやホコリの巻き込みっぽい跡(なんで!?)があったりしますが綺麗です。



ただしICMのデカールについては水に浸けると崩壊し易いといった報告があるので注意が必要です。

ネット上の作例を見てみると綺麗に貼れている物も見かけるので、非常に丁寧に扱えば大丈夫なんでしょうかね。

(もしくはロッドによる差???)


ZVEZDAのデカールはそれなりに強度があります。

また、糊の面積が非常に小さいのでとても綺麗に仕上がります。

ただし箱よりもデカールの台紙が大きいので丸まって入っています。というか押し込められています。

適当かよww


上にロッドによる違いを載せましたが、2016年ロッドではロシア非常事態省の印刷が抜かれ、アエロフロート仕様でしか製作できなくなりました。

代わりに台紙が小さくなり、丸まらずに箱に収まるようになりました。


ではここでロッドによる印刷の差を少し…

17_20170124053105261.jpg

上が2016年ロッド、下が2014年ロッドです。

ソ連仕様を作るにあたって大切な国旗ですが、鎌と槌☭の印刷は2016年ロッドの方が少しハッキリしています。

18_20170124053106086.jpg

今度は逆で上が2014年ロッド、下が2016年ロッドです。

アエロフロートのロゴ(鎌と槌☭に羽が生えたやつ)は2014年ロッドの方が格段に良いです。

2016年ロッドの方は羽が完全に潰れてしまっています。


ただしこれらの差異は個体差によるものかもしれません。



説明書

19_20170124053107dff.jpg

▲ICM

20_20170124053109818.jpg

▲ZVEZDA

もちろん日本語なんて書いてありませんのでイラストを参考にするしか無いです。

どちらも分かりやすく描かれています。




最後に少し細かい話を…

21_201701240550428d8.jpg

▲ICM

22_20170124055043341.jpg

▲ZVEZDA

ギア周りはどちらも細かく成型されています。

どちらもパーツ数が多く、リアルに作ることができます。


エンジンのファンブレードですが、ZVEZDAの方が断然良いです。

ICMはブレードの間隔が広く、少し間の抜けた印象があります。



それから、エンジンの成型について個人的に思うことがあります。

05 - コピー

ICMではエンジンの部品がこの4点で、各エンジンは上下に分割されたパーツで組み立てることとなります。

22_20170124055043341.jpg

(画像使い回し)

ZVEZDAもICMと同じく上下に分割された構成ですが、それに加えてエンジンの吸気口部分が別パーツで成型されています。

こちらの方が吸気口をより綺麗に作ることができます。

23_20170124055044cd7.jpg

エンジンが特徴である飛行機なだけに、この違いでZVEZDAのアドバンテージがグンと上がると思います。





さて、いかがでしたでしょうか。

こういった比較記事は初めてなので上手く伝えられたかは分かりませんが、少しでも役に立てたら幸いです。





24_20170124055045bde.jpg

楽しいプラモデルライフを👋

Nゲージ TOMIX227系のテールライトを明るくするver2


以前にも似たようなタイトルの記事を書いたことがあります。

Nゲージ TOMIX227系のテールライトを明るくする

その時よりもさらに明るく点灯させる方法が見つかったので報告します。


なおこの方法は、間もなくTOMIXから発売される323系大阪環状線にもそのまま流用できると思われます。

テールライトの明るさに不満がある方は実践してみてはいかがでしょう。

01_20170119014610111.jpg

02_20170119014612841.jpg

さて、画像は安定の使い回し芸です。

「お前光ってんの?」レベルの暗さです。

今回はこれを改善していきます。



★材料★

1608サイズ 赤色チップLED×2
1608サイズ チップ抵抗(作例では470Ωの物を使用しましたが、300Ω程度までなら下げても大丈夫なハズです)
φ0.26 ポリウレタン銅線(太過ぎるとライトユニットに収まりません



では、加工の方に移りましょう。


03_201701190146125cc.jpg

まずは貫通扉を丁寧に切り抜き、断面を整えます。


…冗談です(^^

また妙なことをして遊んでいるので、完成したら報告しますね(いつになるのやら…


04_201701190146140a6.jpg

真面目に書きましょう。

まずはライトユニット部分を分解します。

05_20170119014615bd8.jpg

同時にチップLEDにポリウレタン銅線をハンダ付けしておきます。

06_201701190216009c0.jpg

ここの加工は前作と同じです。

テールライトのプリズムを、先端だけを残してカットします。

カットしたプリズムの先端を画像のようにライトユニットに接着します。

クリアーレッドでの着色はしてもしなくても大丈夫です。

08_20170119021602a4a.jpg

07_2017011902160211a.jpg


ライトユニットの運転台がある側の突起にチップ抵抗をハンダ付けして、そこにLEDからの銅線をハンダ付けします。

抵抗はどちらの突起に付けても構いませんが、テールライトの場合はLEDのアノード側が運転台側となるのでそこだけ注意してください。

チップLEDは先ほど接着した赤色のプリズム部分に瞬間接着剤で固定します。

どちらも画像を参考にしてください。

LEDが真下を向いていますが大丈夫です、プリズムがきちんと光を拾ってくれます。

09_2017011902160429e.jpg

瞬間接着剤が完全に乾燥しきったら、元の状態に組み直します。

10_20170119021605680.jpg

最後に1点、ライトのガラスパーツの縁を黒で塗って遮光しておきます。

11_20170119022609d79.jpg

これでOKです。

さて、通電させてみましょう。

12_20170119022611777.jpg

13_201701190226120c7.jpg

ご覧の通り、とても明るくなりました。

実車よりも明るいんちゃうか?ってくらい光ってます。

14_20170119022613e75.jpg

余談ですが、ライトのガラスパーツの遮光をしないとこうなります。

テール部分だけでなく、ライト全体が光ります。

15_20170119022615397.jpg

16_201701190229264c7.jpg

最後に、製品のままの状態と比較。

非常に明るく光ってくれます。



では、今日はこれで。

ZVEZDA イリューシンIl-62M LOTポーランド航空

今年も始まって既に2週間以上が経過していますが、明けましておめでとうございます。

早いもので、大阪に来て3年が経とうとしています。

うーん…



01_20170117001426bcf.jpg

ところで、昨日は寒波襲来、京都は大雪(というか全国的にだけど)ということで、雪の金閣を見に行きました。

呉も大阪もなかなか雪が積もることはないのでテンション上がりますね。

02_20170117001427365.jpg








では本題へ。


03_20170117001428955.jpg

Il-62M LOTポーランド航空

ポーランドといえばスターリン時代に散々な目に遭ったことで知られていますがそれはさておき…


ソビエト連邦に加盟したことで共産圏の一員となり、航空機も東側の機材ばかりとなりました。

他の東側諸国と同じようにIl-62やTu-134、Tu-154などの機材が配置されていました。

04_20170117001429b0e.jpg

使用するのはもちろんZVEZDA製のプラモデル。

好きな機種ですが、海外製なだけに手に入りにくいのが難点。

見つけた時は速攻でお買い上げです。


LOTポーランド航空のデカールは付属してていないのでГлавная(REVARO)というロシア製の物を輸入して使用しました。

05_201701170014311fa.jpg

06_2017011700253488b.jpg

側面窓ははめ込みガラスとなっていますが、鉄道模型のように塗装後に取り付けなんてことはできません。

ですから予めガラス面にマスキングゾルを塗っておき、機体内側から接着していきます。

07_201701170025353d3.jpg

今回、前面窓枠は筆塗りではなくエアブラシで再現してみました。

08_2017011700253623e.jpg

09_201701170025379b4.jpg

10_201701170025396f9.jpg

11_20170117002859cb4.jpg

12_20170117002900e07.jpg

縦と横で分けて塗装。

このやり方の方が直線がビシッと決まるので良いですね。

もちろん塗り分けの段差が出来るので、乾燥後に削る必要があります。

13_20170117002901443.jpg

前面窓枠の塗装が終わったら胴体全体の塗装へ。

今回、胴体下部の塗り分けが無いので非常に楽でした。

14_201701170029027b7.jpg

乾燥後、窓ガラスのマスキングゾルを剥がしていきます。

針の先っちょで引っ掛けるようにしてパリパリ剥がしていきます。

15_201701170029048fc.jpg

剥がし終わったらデカール貼りつけへ。

LOTポーランド航空の塗装は本当にカッコ良いので好きです。

16_20170117003534d91.jpg

胴体が終わったら翼その他の塗装へ。

駐機状態を再現するため、フラップは0°に設定しました。

17_20170117003536402.jpg

白で塗装

18_20170117003537ad4.jpg

19_201701170035382f7.jpg

翼端を塗装

20_20170117003540789.jpg

エンジンと翼の前縁部分を銀で塗装

21_2017011700390604f.jpg

塗りあがり

複雑なマスキングがないので本当に楽でした。

22_20170117003908461.jpg

23_201701170039092f3.jpg

エンジンの軸の部分はもちろん黄色で塗装。

24_201701170039101c5.jpg

エンジン部分、デカールが長い…

25_2017011700391277e.jpg

カットして良い感じに仕上げます。

26_201701170041363ef.jpg

最後にギア部分を塗装・組み立てして…

28_201701170041386f0.jpg

完成です!

(撮影時、尻餅防止用のテールギアが抜けていました。)

27_201701170041375b0.jpg

駐機状態ということでテールギア展開状態です。

これもIl-62Mの大きな特徴ですね。

重たいエンジンを尾部に4機まとめて配置したらそりゃあテールヘビーになりますよねw




では、今日はこれで。

Nゲージ 103系広E-04編成


こんにちは。

相変わらず過去に消えてしまった車両(飛行機も)ばかり作っているマンです。

01_20161210114510a0e.jpg

103系広E-04編成

広島地区に居た唯一の高運転台編成です。

JR東日本から購入した非ATC車のクハと、広島に居たモハで編成を組んでいました。

今回は、そんな珍しい存在だったこの編成を製作しました。


また、GM大須店と秋葉原店で開催されているリアルモデルコンベンションの今年のテーマが

「一番好きな車両」

ということで、この編成を出展用に製作することにしました。


02_2016121011451154c.jpg

早速脱色後の写真で申し訳ないですが、種車は103系関西形です。

バラで集めたものを使用しています。

実車に合わせてクハは妻窓無し、モハは妻窓アリです。

03_20161210114513d85.jpg

脱色中に片側クハのライト部分を割ってしまったので、銀河モデルのライトを取りつけておきます。

04_20161210114514357.jpg

高運転台の特徴である前面飾り帯も別体化。

トレジャータウンの製品です。

05_20161210114515a70.jpg

いつもはサボっている妻面もしっかりと手を加えておきます。

なぜか実車はモハ102に標識灯掛けが付いていたのでそれも再現。

06_2016121011581840b.jpg

車体の加工が終わったら塗装へ。

車内に化粧板の色を塗装します。

クハは黄緑色、モハはアイボリーです。

07_2016121011582020e.jpg

続いて車体色へ。

塗装前に車内をマスキングしておきます。

08_20161210115821b90.jpg

青20号&マスキング

09_201612101158220ac.jpg

クリーム1号

10_20161210115824022.jpg

んでめくった後。

各種レタリングを済ませ、クリアーを塗装しておきます。

11_201612101202017ff.jpg

貫通扉も塗り分け。

12_20161210120203976.jpg

13_20161210120203575.jpg

クーラーは塗り分けてそれらしく。

表記も入れておきます。

14_20161210120204243.jpg

15_201612101202065bd.jpg

新しい試みとして車内も再現。

GM新床板にプラ板を張り付けて再現しています(製作途中の写真なくてすいません

16_20161210121316f50.jpg

(まぁそれっぽく)

17_20161210121318fb2.jpg

前面ガラスはGM純正が手に入らなかったため、サイズ的に一番近い鉄コレのものを使用しました。

ワイパーのモールドを削り落とし、Hゴムを黒で塗っています。

18_201612101213195f3.jpg

スカートはKATOの205系京阪神緩行線のものを加工して取り付けています。

19_2016121012132044a.jpg

最後に床下表記とガラスを入れて…

21_20161210121823fce.jpg

完成!

20_201612101213225d0.jpg

実車の雰囲気をよく再現できたのではないでしょうか。

22_20161210121825d26.jpg

因みにライトユニットは自作し、運転台をシースルー化しています。





作品はGMストアー大須店で1月末まで展示されるそうです。




23_20161210121825553.jpg



では、今日はこれで。

第22回JNMAフェスティバル


タイトルを見て「いつの話やねん!!!」と突っ込まれそうですがそれはさておき…

7月3日に東京の浅草で第22回JNMAフェスティバルが開催されました。

自分は今年で3回目の参加となりました。

前回までは浜松町で開催されていましたが、今年からは開催場所の建物が使えなくなるということで浅草に変更となったようです。


さて、今回の記事はJNMAで見つけた面白い物や有用なパーツ類を紹介するような有益な内容ではなく、JNMA前後に自分が何をしたかをつらつらと書いていくだけのクソ記事です。


01_20161112081430034.jpg

旅の始まりは伊丹空港から。

そらやん可愛いですよね。

02_20161112081432b44.jpg

03_201611120814321db.jpg

搭乗便は毎度お馴染みNH40

伊丹発羽田行きの最終です。

04_20161112081434bef.jpg

NH040 B772 JA704A RJOO→RJTT

左の黒っぽいところが伊丹空港です。

外を見るのが大好きなので窓側に座れたのは良かったです。

05_20161112081435aa4.jpg

空の上で夕飯♨

06_20161112081853e39.jpg

羽田着。

隣には日本で初めてのB777であるJA8197が。

B772の機内の安全のしおりの写真に使われていますね。

この1ヶ月後、引退しました。

07_201611120818546c1.jpg

08_20161112081855201.jpg

羽田からは京急・京成・メトロを利用して船橋の友達の家へ。

泊まらせてもらいました。

09_201611120818563e3.jpg

次の日(JNMA前日)はせっかく東京に来たということで電車を撮りに行くことに。

新京成・メトロ・東武を利用して移動。

10_201611120818581c4.jpg

東武東上線

東上線って名前カッコいいですよね。

11_20161112082546783.jpg

柳瀬川で下車。

ここの築堤、私鉄っぽくて良いですね。

12_20161112082548eb4.jpg

柳瀬川と志木のちょうど間の直線区間で撮ることに。

曇り予報だったのでここを選びましたが、思いっきり晴れてしまいました。

13_20161112082549b89.jpg

14_20161112082550783.jpg

15_20161112082552e6a.jpg

16_20161112082923e05.jpg

17_20161112082924d84.jpg

まぁ、それなりに。

18_20161112082925edc.jpg

撮影後は秋葉原へ買い出しに。

19_20161112082926878.jpg

途中で205系を目撃。

最後まで埼京線に残っていた205系です。

つい最近廃車回送?されましたね。

20_20161112082928bb2.jpg

03系など

21_20161112083259457.jpg

夕方の秋葉原で買い出しを済ませ、この日は宿へ。

明日のJNMAに備えます。



続く…

続きを読む

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR